旬暦

2016 / 01 / 06
08:00

日本の暦 二十四節気「小寒」

25442.jpg

 

2016年1月6日(水)より「小寒(しょうかん)」となります。

暦の上で寒さが最も厳しくなりはじめる頃といわれます。

小寒から節分(2月3日)までを「寒(かん。寒中、寒の内とも)」と言い、

1月6日小寒を「寒の入」とも言います。

小寒から寒中見舞いを出し始めます。


七十二候(二十四節気をさらに3つに分ける初候、次候、末候)

 

〇初候(1/6~1/10)
 芹乃栄(せり すなわちさかう):芹がよく生育する。

 

〇次候(1/11~1/15)
 水泉動(すいせん うごく):地中で凍った泉が動き始める。

 

〇末候(1/16~1/20)
 雉始句隹※(きじ はじめてうごく):雄の雉が鳴き始める。

 

※句隹…文字化けのため分割して記載していますが、本来1文字での表記になります。

 

Today's Schedule