旬暦

2017 / 07 / 23
00:15

日本の暦 二十四節気「大暑」

7月23日(日)より「大暑(たいしょ)」となります。

快晴が続き、気温が上がり続ける頃と言われます。

夏の土用(7月19日(水)~8月6日(日))が大暑の数日前から始まり、大暑の間中続きます。

 

七十二候(二十四節気をさらに3つに分ける初候、次候、末候)

 

〇初候(7/23~7/27)

 桐始結花(きり はじめて はなをむすぶ):桐の実がなり始める。

 

〇次候(7/28~8/1)

 土潤溽暑(つち うるおいて むしあつし):土が湿って蒸し暑くなる。

 

〇末候(8/2~8/6)

 大雨時行(たいう ときどきふる):時として大雨が降る。