旬暦

2015 / 12 / 22
08:00

日本の暦 二十四節気「冬至」

本日12月22日(火)より「冬至(とうじ)」となります。

北半球では、太陽の南中(太陽がちょうど真南にくること)高度が最も低く、

一年の中で昼が最も短く、夜が最も長くなる日と言われています。

冬至には、冬至風呂と称して柚子風呂に入ったり、冬至の朝に冬至粥(小豆粥)を食したり、

かぼちゃの煮物やこんにゃく、「と」のつく食べ物などを食べる風習があります。

 

七十二候(二十四節気をさらに3つに分ける初候、次候、末候)

 

〇初候(12/22~12/26)
 乃東生(なつかれくさ しょうず):夏枯草が芽を出す。

 

〇次候(12/27~12/31)
 麋角解(びかく げす):大鹿が角を落とす。

 

〇末候(2016年1/1~1/5)
 雪下出麦(ゆきわりて むぎ のびる):雪の下で麦が芽を出す。

2015 / 12 / 07
08:30

日本の暦 二十四節気「大雪」

148724.jpg

 

本日12月7日(月)より「大雪(たいせつ)」となります。
雪が激しく降り始める頃といわれます。
鰤(ぶり)などの冬の魚の漁が盛んになります。
熊が冬眠に入り、南天の実が赤く色づく頃といわれます。


七十二候(二十四節気をさらに3つに分ける初候、次候、末候)

 

〇初候(12/7~12/11)
 閉塞成冬(そらさむく ふゆとなる):天地の気が塞がって冬となる。

 

〇次候(12/12~12/16)
 熊蟄穴(くま あなにこもる):熊が冬眠のために穴に隠れる。

 

〇末候(12/17~12/21)
 鱖※魚群(さけのうお むらがる):鮭が群がり川を上がる。

 

※魚厥

 

1
Today's Schedule