旬暦

2016 / 04 / 20
08:30

日本の暦 二十四節気「穀雨」

4月20日(水)より「穀雨(こくう)」となります。

田畑の準備が整い、それに合わせて春の雨の降る頃。

穀物の成長を助ける雨。

穀雨の終わり頃に八十八夜がある(2016年は5月1日)。

八十八夜は、立春から数えて88日目の日。

農業に携わる人にとって大変重要な日。

春から夏に移る時期にあたり、八十八夜を迎えたら夏の準備を始めます。

昔は八十八夜を目安に種まきなどをしたといわれています。

 

七十二候(二十四節気をさらに3つに分ける初候、次候、末候)

 

〇初候(4/20~4/24)

 葭始生(よし はじめて しょうず):葦(よし、あし)が芽を吹き始める。

 

〇次候(4/25~4/29)

 霜止出苗(しも やんで なえいず):霜が終わり稲の苗が生長する。

 

〇末候(4/30~5/4)

 牡丹華(ぼたん はな さく):牡丹の花が咲く。

 

2016 / 04 / 04
08:30

日本の暦 二十四節気「清明」

 

4月4日(月)より「清明(せいめい)」となります。

万物が清々しく明るく美しい頃。

様々な花が咲き乱れ、お花見シーズンとなります。

 

七十二候(二十四節気をさらに3つに分ける初候、次候、末候)

 

〇初候(4/4~4/8)

 玄鳥至(つばめ いたる):燕が南からやってくる。

 

〇次候(4/9~4/13)

 鴻雁北(こうがん きたす):雁が北へ渡っていく。

 

〇末候(4/14~4/19)

 虹始見(にじ はじめてあらわる):雨のあとに虹が出始める。

 

1