旬暦

2016 / 06 / 21
08:30

日本の暦 二十四節気「夏至」

6月21日(火)より「夏至(げし)」となります。

北半球では、この日が一年のうちで最も昼(日出から日没まで)が長い日となります。

日本の大部分では梅雨のさなか。

 

七十二候(二十四節気をさらに3つに分ける初候、次候、末候)

 

〇初候(6/21~6/25)

 乃東枯(ないとう かるる):夏枯草※(かごそう)が枯れる。

 

〇次候(6/26~6/30)

 菖蒲華(しょうぶ はなさく):あやめの花が咲く。

 

〇末候(7/1~7/6)

 半夏生(はんげ しょうず):烏柄杓(からすびしゃく)が生える。

 

※夏枯草:かごそう。生薬の一種。ウツボグサ。

2016 / 06 / 05
08:30

日本の暦 二十四節気「芒種」

6月5日(日)より「芒種(ぼうしゅ)」となります。

芒(のぎ、イネ科植物の果実を包む穎(えい))を持った植物の種を蒔く頃。

実際には、現在の種まきはこれよりも早い。

西日本では、梅雨入りの頃。

 

七十二候(二十四節気をさらに3つに分ける初候、次候、末候)

 

〇初候(6/5~6/9)

 蟷螂生(とうろう しょうず):蟷螂(かまきり)が生まれ出る。

 

〇次候(6/10~6/14)

 腐草為螢(ふそう ほたるとなる):腐った草が蒸れ蛍になる。

 

〇末候(6/15~6/20)

 梅子黄(うめのみ き なり):梅の実が黄ばんで熟す。

 

1